分離・精製

通常の食品成分の中にもともと存在する機能性成分を取り出し、純度を高めることです。