蛋白加水分解物

小麦・大豆・コーンなどの植物性由来のたん白質やゼラチンなどの動物性由来のたん白質を、酸や酵素で加水分解し、中和、脱色、脱臭、精製、濃縮してペースト状や粉末状又は液体状にしたものです。

蛋白質自体には味はありませんが、これを構成するアミノ酸は単体になると、うま味や苦味を感じるようになります。